誕生日ケーキ/ワインボトル

 

本日は、世界最高峰のワインの一つ、「ロマネ・コンティ」のワインボトルを模して作った、3D超立体ケーキをご紹介します。

 

ロマネコンティ ケーキ

 

デザインとしては、ボトルを寝かせたケーキ台の周りに、氷に見立てた水色のゼリーを敷き詰めています。
ライトが当たると、クラッシュゼリーがきらめきます。
パーティの雰囲気が一気に華やぐこと間違いなしです。

ちなみに、水色のゼリーは透明もお選びいただけます。
ボトルの色合いによって、お好みのゼリーの色をご指定ください。

 

3D超立体ケーキ ロマネコンティ

 

ゼリーを敷き詰めるデザインの場合、
クリアーな透明感を出すためにも、ケーキ台の外側は白い生クリームをコーティングいたします。

魔法のバースデーケーキでは、
ケーキの中味は、イチゴを挟んだ生クリームのショートケーキタイプとチョコレートケーキタイプの2タイプからお選びいただけますが、
チョコレートケーキタイプをお選びいただいた場合は、ゼリーの透明感を損なわないように、ケーキ台外側のみ、白の生クリームコーティングをしますとご案内しております。

 

ワインボトルの3D超立体ケーキ

 

それでは、このワインボトルの3D超立体ケーキが出来上がるまでを、本日は写真でご紹介していきます。
魔法のバースデーケーキの、3D超立体ケーキの作り方です。

 

ケーキ台の制作

 
オーダーケーキ制作

 

ワインボトルを載せる、下のケーキ台の準備です。
今回は、イチゴを挟んだ生クリームのショートケーキタイプ。

 

スポンジ生地

 

スポンジ生地を水平に切り分け、

 

スライスイチゴ

 

生クリームを塗布した生地の上に、スライスしたイチゴを敷き詰めます。

 

イチゴショート

 

生クリーム

 

たっぷりの生クリームを載せて、

 

生クリームコーディング

 

平らに均します。

 

スポンジ生地を重ねる

 

上半分のスポンジ生地を載せ、

 

ケーキ回転台に載せる

 

ケーキ回転台の上に設置。

 

回転台のホールケーキ

 

パティシエ

 

制作担当の扇山パティシエです。

 

たっぷりの生クリーム

 

生クリームを表面にコーティングします。

 

生クリームを滑らかに塗布

 

ケーキ台を回転させながら、表面をナイフでなめらかにします。

 

ナイフで表面を整える

 

ケーキ台の表面と側面を、ムラなく均一にコーティング。

 

ホールケーキをケーキ箱に置く

 

ケーキ箱のトレイに移します。
今回ご注文のワインボトルの3D超立体ケーキは、24cm(8号サイズ)です。

これで、土台となるケーキ台が完成しました。

 

ワインボトルの立体ケーキ制作

 

スポンジ生地成型

 

次は、ワインボトルの立体を作ります。
ボトルの形に切り出したスポンジ生地です。

 

スポンジ生地成型2

 

ボトルの丸みを出すために、スポンジ生地の角を丁寧に削っていきます。

 

スポンジ生地成型3

 

ボトルの表面がつるっと仕上がるように、スポンジ生地の表面をフラットに整えます。

 

スポンジ生地成型4

 

スポンジ生地成型5

 

これはボトルと同じ形の台です。

 

スポンジ生地成型7

 

この台にはあらかじめ傾斜がついています。
ケーキ台に寝かせてレイアウトするワインボトル本体が、際立って印象的に見えるように、ボトルに傾斜を付けるための台です。

 

スポンジ生地成型8

 

ボトルの立体の生地は、

 

ワインボトルのスポンジ生地完成

 

傾斜のついた台を合わせて3層になっているということです。

 

スライスイチゴを並べる

 

もちろん、ボトルの中にもイチゴと生クリームを挟みます。

 

生クリームを絞る

 

スライスしたイチゴを並べて、生クリームを絞ります。

 

カットしたスポンジ生地を被せる

 

二層のスポンジ生地を合わせて、

 

スポンジ生地を整える

 

ボトルの形を整えます。

 

パティシエ

 

生クリームコーティング1

 

ケーキ回転台に、ボトルの立体を載せて生クリームをコーティング。

 

生クリームコーティング2

 

生クリームを全体に塗布したところで、

 

生クリームを滑らかにする

 

薄いケーキフィルムで、ボトルの表面の生クリームをさらに滑らかに仕上げます。

 

生クリーム塗布

 

傾斜のついたボトルの台にも生クリームをコーティング。

 

生クリームをならす

 

パティシエ

 

「台」も手を抜くことなく、滑らかに整えます。

 

ボトルの傾斜台

 

ボトルの傾斜台を置く

 

ケーキ台の上に、

 

ケーキ台に傾斜台を置いたところ

 

ボトルの台を載せたところです。

 

グラサージュの準備

 

次はボトル表面の色づくりです。
黒いグラサージュを準備します。

 

グラサージュの硬さを調整

 

グラサージュは、生クリームが原材料なので、もともとは白い色をしています。
黒の色は、食用の竹炭を使用しています。
コーティングしやすいように、冷やすことで粘度を調整していきます。

 

グラサージュをかける

 

金網の上に載せたボトルの立体に、さきほどの黒いグラサージュをたっぷりとまんべんなく流しかけます。

 

グラサージュをかけ終わったところ

 

艶やかなグラサージュの質感が、ガラス素材のボトルにぴったりです。

 

グラサージュをかけ終わったところ2

 

赤いグラサージュの準備

 

こちらは、赤いグラサージュです。
赤い色は、食用色素(食紅)を使用しています。

 

赤いグラサージュの準備2

 

同じようにグラサージュの粘度を調整して、

 

コルネにグラサージュを入れる

 

コルネに流し込み、

 

コルネでグラサージュを絞る

 

黒のグラサージュでコーティングしたボトルの、ネックからトップまでの赤いラベル部分の色付けをしていきます。

 

コルネでグラサージュを絞る2

 

コルネでグラサージュを絞る3

 

グラサージュの絞りが完了

 

黒と赤のグラサージュで、ボトル本体の色付けが完了しました。

 

ボトルの立体生地を移動させる

 

ワインボトルの立体ケーキ

 

さきほどケーキ台に載せたボトルの台の上に、グラサージュで色付けしたボトル本体の立体を載せます。

 

ワインボトルの立体ケーキを載せる

 

横から見ると、ボトルに傾斜がついているのがわかります。

 

ボトルの立体ケーキを載せたところ

 

ワインボトル本体の立体がケーキ台に載って、いよいよケーキの完成に近づいてきました。
次は細かい作業となるラベル作りと、最後の仕上げは氷に見立てたゼリーのデコレーションです。

 

ラベルの制作とゼリーのデコレーション

 

プラチョコをカット

 

薄く伸ばしたプラスティックチョコレート(プラチョコ)から、ワインボトルのラベル(3種類)の形を切り抜きます。
プラスティックチョコレート(プラチョコ)とは、細工がしやすいように水飴やシロップを混ぜたチョコレートのシートです。

 

パティシエの作業

 

ワインボトルのラベル

 

まずは、ボトルのボディのメインラベルから。

 

ワインボトルのラベル2

 

ワインボトルのラベル3

 

ワインボトルらしくなってきましたね。

 

ラベルの文字入れ

 

チョコレートを入れたコルネをチョコペンとして、ラベルの細かい文字を丁寧に書いていきます。

 

ラベルの文字入れ4

 

実物があれば一番いいのですが、それは叶いませんので(笑)
ロマネ・コンティを模したボトルのラベルを参考に、再現をしていきます。

 

ラベルの文字入れ5

 

通常750mlのワインボトルの高さが約30cm。
今回の24cmサイズ3D超立体ケーキの場合は、ボトル立体の高さが約22cmです。

 

ラベルの文字入れ

 

見比べて見るとボトルの大きさがかなり違うことがわかります。
30cmの高さのボトルを、22cmまで小さくするということは、同時にラベルの文字も、非常に小さく細かくなります。

 

ラベルの文字入れ7

 

このため、ワインボトルのラベルによっては、24cmサイズでは制作できない場合もあり、その場合は27cmサイズでの制作となります。

 

ラベルの文字入れ8

 

また、最小の21cmサイズでは、とてもラベルの再現ができないこともありますが、
21cmサイズでは立体部分が18cm程度となり、ワインやシャンパンのボトルではなく、醤油差しやタバスコ瓶に見えてしまうこともあって、制作をお断りしています。

 

ラベルの文字入れ9

 

ワインやシャンパンボトルの3D超立体ケーキをご希望の場合は、最小24cmサイズ以上から(※ラベルのデザインによっては27cmサイズ以上から)ご検討ください。

 

ラベルの文字入れ11

 

作業中のパティシエ

 

ボディのメインラベルへの文字入れが終わったら、次はその上にあるベルト状のラベルです。

 

プラチョコのラベル

 

今回のロマネ・コンティは、
ボディのメインラベル以外に、ロマネ・コンティの共同経営者であるアンリ・ルロワ氏「LEROY(ルロワ)」の名前が記載されたベルト状のラベルと、ビンテージ(ぶどうの収穫年)が記載されたショルダー部分のラベルの3枚を貼って作ります。

 

ラベルの文字入れ13

 

ラベルの文字入れ14

 

ラベルの文字入れ15

 

今回のビンテージは、1985年。
お好みのビンテージをお書きします。

 

ラベルの文字入れ16

 

ネックに「ROMANÈE -CONTI」の文字を入れて、

 

ボトルのラベル完成

 

文字入れは終了です。

 

生クリーム絞り

 

ワインボトル立体とケーキ台の周りに、生クリームを絞ってデコレーション。

 

水色のゼリー

 

そして、最後の仕上げは水色のゼリー。

 

水色のゼリーを氷に見立てる

 

ゼリーを刻んだクラッシュゼリー

 

ゼリーを刻んでクラッシュゼリーを作ります。

 

クラッシュゼリーをデコレーション1

 

ワインボトル立体の周りに、クラッシュゼリーを敷き詰めます。

 

クラッシュゼリーをデコレーション2

 

氷に見立てた艶やかなゼリーの透明感が、

 

クラッシュゼリーをデコレーション3

 

ワインボトルを一層引き立たせてくれます。

 

立体ケーキとメッセージクッキー

 

メッセージクッキーを添えて、ロマネ・コンティ3D超立体ケーキの完成です。

 

誕生日ケーキとして

 
ワイン立体 3Dケーキ

 

今回のロマネ・コンティの3D超立体ケーキは、お誕生日ケーキとしてご注文をいただきました。
ビンテージの年号がお誕生年ですね。
素敵なお誕生日のお祝いです。

 

立体ケーキ ワインボトル

 

お客さま、このたびは素敵なオーダーケーキのご注文をありがとうございました。
ご注文くださったロマネ・コンティの3D超立体ケーキが、どのようにして作られているのかを本日はごらんいだきたいと思いました。

1台のケーキを創り上げるまでの複雑な工程、細かい部分までリアルに再現していく様子、すべてお客さまに喜んでいただくためのオーダーメイドです。

 

ロマネ・コンティ ケーキ

 

最後になりましたが、DAIGOさま、お誕生日おめでとうございます。
DAIGOさまにとって、素敵な一年となりますように。
心からお祈りしています。

 

お値段の目安のページ

ご注文お問合せのページ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...