連日の地震報道の中で

電気や水道の復旧のめども立たず

十分な水や食糧にも事欠き

寒く辛い避難生活を送られている

被災された方々の不安な表情を目にしているうちに

 

被災地から遠い、ここ暖かい福岡で

当たり前のように

ガスをつけてご飯を作り

シャワーを浴び、洗濯した衣服を身に着け

温かい布団にもぐりこんで寝られる自分をかえりみている

 

地震発生から、ここ数日の

落ち込んだ気持ちは

未曾有の地震が引き起こした悲惨な状況に対する

悲しいという感情だけでは

ないことに、気づいた

 

辛い状況にある方々に対して

普通に生活ができる我と我が身が

申し訳なく思えて

 

 

暗い気持ちのまま、報道番組を見ていたら

「普通に生活できることを、うしろめたく思う必要はない」

「自分にできる支援をする」

地震報道への視聴者の方からのコメントに、目がとまった。

ああ、そうなんだ

普通に生活できることに感謝する。

そして、私にできる支援をする。

それでいいんだよと、

教えてもらった。

 

気持ちが、前を向いた。

私なりに、できることをしたい。

 

 

 

 

お値段の目安のページ

ご注文お問合せのページ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...