車のケーキ コルベットC6

シボレー・コルベットC6コンバーチブルZ06
車のケーキのご紹介です。

ツヤつけて(?)コーベットという人もいらっしゃいますが、(またはベット)
同じくゼネラルモーターズ(GM)のシボレーブランドから発売された、
シボレー・カマロと→車のケーキオーダー/シボレー・カマロのページをご参照ください。
偶然ですが、同時期のモデルです。

この2台、同じメーカーブランドとはいえ
生い立ち(車の位置づけ)はかなり異なっています。

◆カマロが、セダンなどの大衆車のプラットフォーム(土台・エンジンやタイヤが付いたりするところ)を使って作られた、かなり制限のある4人乗りスポーティーカーであるのに対して、

◇コルベットは、専用のプラットフォームを持つ2人乗りスポーツカーです。

◆1.8トンの車体にV8 6.2L 500馬力弱のエンジンを積むカマロに対し、

◇1.5トンの車体にV8 7L 500馬力超のエンジンのコルベット。

車体のバランス、お金のかけ方、設計の方向性。
カマロが決して遅いわけでもなく、運動性能が低いわけでもないのですが、
アメリカを代表するスポーツカーといえば、
やはりコルベットです(主観バリバリ入ってますが、なにか?・笑)

コルベットはスポーツカーとしてどうなのか?

エンジンは昔ながらのOHV形式。
ロングノーズ(長いボンネット)にショートデッキ(短いテール)
標準的なフロントエンジンリヤドライブ
実に標準的で古典的なスポーツカースタイルですが、速いです。

ニュルブルクリングサーキットという、市販車世界一を争うサーキットで、
日産GT-Rとほぼ互角のタイムを出してます。

その車がシボレーコルベット C6(6代目) Z06(高性能バージョン・日本風にいえばタイプRでしょうか)

今回ケーキになったのはそのオープンモデル(コンバーチブル)です。

車のうんちくが長くなりましたが車の説明はここまで。
ケーキの説明は、、、

ごらんのとおり。
かっこよく再現できてますね☆

「それだけ?」というツッコミは受け付けてまセン。
車屋プロデュースの、車のケーキだからこその再現力と、
どうぞご理解いただけましたら幸いでございます。。。

あしからずm(_ _)m

 

 

  お値段の目安のページ

ご注文お問合せのページ